top of page

下馬の集合住宅

所在地:

東京都 世田谷区

用途:

共同住宅・長屋

竣工年:

2020年

延床面積:

543.92㎡

構造設計:

ロウファットストラクチュア

設備設計:

EOS Plus/ジーエヌ設備計画

施工:

FORM GIVING

撮影:

ナカサ&パートナーズ

GOOD DESIGN AWARD 2021 受賞

閑静な住宅街の一角に建つ集合住宅の計画である。敷地は街区の角地に位置するが、角地は一般的に建蔽率や斜線条件が緩和されるため、周囲から突出したボリュームが建つ傾向が強い。
ここでは、周辺の建築と間口を合わせた家型のボリュームを敷地境界線に沿ってV字に配置することで、2つの前面道路沿いに連続する戸建住宅の並びを敷地内まで引き込み、街並みに積極的に参加する建築とすることを意図した。
外在的な考えにより建築の外形を形成することで、V字のボリュームに囲われた空地は、建物に帰属した意図的な外部空間としてではなく、街並みのデザインの中で副産物的に生まれた残余の空間(=余白)として街の中に建ち現れる。
結果、空地の帰属意識は曖昧なものとなり、街に対して開かれた寛容さを帯びる。街並みの綻びを繕うように角地における建ち方を見直し、周囲との調和を意識した建築の在り方を実現することを目指した。

bottom of page